画像の説明

会長方針



 社会のために行動する
 第51代会長  平 野   薫          画像の説明

 伝統ある八戸北ロータリークラブの第51代会長に就任できることは大変名誉あることで、その責任の重さを感じております。
 本年度のRI会長ホルガー・クナーク氏のテーマは Rotary Opens Opportunities「ロータリーは機会の扉を開く」を提唱されました。私たちのあらゆる活動が、どこかで誰かのために機会の扉を開いているのですとメッセージを発信しています。
 また、ホルガー・クナーク氏は、あらゆる活動のうちのひとつは、いろいろなロータリー活動に対して常に進化し、戦略計画でどのようなクラブになりたいかを認識すべきであると言っております。当クラブの活動目標の一つに戦略会議の開催を挙げています。50周年を迎え、更に10年20年とクラブを存続させるにはどうすれば良いか、今年度は戦略会議を開催し、中長期のクラブの在り方について話し合いたいと思っております。
 さらに、本年度は、当クラブより二人目のガバナーとなります源新和彦ガバナーが輩出されました。その源新ガバナーによる地区スローガンは Believe Together !「信じ合おう」です。ロータリーの仲間同士、地域社会の人々とともに集い、手を取り合ってロータリーの可能性、ポテンシャル、未来について考えて参りましょうと提言しております。当クラブと致しましても、来年4月に開催される地区大会をはじめ全面的にバックアップして参りますので、ご協力をよろしくお願い申し上げます。
 当クラブの行事として、50周年を控えております。昨年発生した、コロナウイルス拡大により延期になっておりますが、11月21日に記念事業、式典を開催する予定でございます。川﨑実行委員長のもと、成功裡に終了させるため会員皆様のご協力を賜りたいと存じます。
 また、松戸東RCの50周年にも、たくさんの方の参加をお願い申し上げますとともに、源新ガバナー年度における世界大会は、来年6月に台湾にて開催されます。コロナウイルスの心配もございますが、全員参加でお願い申し上げます。
 最後になりますが、今年度のクラブスローガンは「社会のために行動する」としました。ロータリーの基本は親睦と奉仕です。当クラブでは奉仕活動が少ないような気がしています。新たな奉仕の機会を戦略計画などで策定し、皆様と一緒に活動する機会を楽しみたいと思います。
 この1年間、クラブの求心力になれるよう努力して参りますので、ご指導ご鞭撻賜りますようよろしくお願い申し上げます。

活動目標
1.源新ガバナー年度の支援と協力
2.50周年事業と式典の開催
3.戦略会議の開催
4.退会防止と会員増強(純増1名)
5.財団寄付:年次基金150ドル、ポリオプラス30ドル/人
6.米山奨学金寄付:特別寄付1万円、普通寄付3千円
7.世界大会への参加


a:4724 t:1 y:3