会長方針

会長就任にあたって

第52代会長 小 澤 一 雅

 伝統ある八戸北ロータリークラブの第52代会長に就任するにあたり、その職責の重さを今改めて痛感し身の引き締まる思いです。
 本年度のRI会長シェカール・メータ氏のテーマは「奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために(SERVE TO CHANGE LIVES)」と提唱されました。またそれを受けての地区のスローガンは「ロータリーライフを楽しもう(Let’s Enjoy Rotary Life)」と発表されました。
 昨年度、当クラブは50周年記念式典及び祝賀会を開催し、また源新ガバナーのもと地区大会を主管するなど、「八戸北ロータリークラブ」の一員としての自信と自覚を大いに深めた一年でした。その自信と自覚を基礎として今年度は、ロータリーの基本理念である「奉仕と親睦」を深く考え実践する一年にしたいと考えています。そのために今一度メンバーの皆さんと共に「ロータリー」について学びなおし、ロータリアンとしてできることは何かを改めて考えていきたいと思います。
 また、クラブの活性化、活力あるクラブ運営のためには会員増強は欠かせないものと考えています。会員増強のため、まずは当クラブを知っていただく機会を多く設けていきたいと思います。
 甚だ微力ではありますが、一年間精一杯務めて参ります。皆様のご理解とご協力を心からお願いいたします。

 1.会員2名以上の増強
 2.出席率の向上
 3.地区目標の推進
 4.他クラブとの親睦交流
 5.会員研修
 6.財団寄付:年次基金150ドル/人、ポリオプラス30ドル/人
 7.米山記念奨学金寄付:特別寄付1万円/人、普通寄付3千円/人